微笑み

解体工事をすることで環境をより良くする~建物解体マニュアル~

業者に頼む

外観

リフォームや建て替えに必要となる解体工事は、一見どこの業者に頼んでも同じように思えますが、壊すのではなく綺麗に解体するものだからこそ、安心して頼れる業者を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら

写真も必要

女の人

解体工事という言葉の印象から勘違いしそうになってしまいますが、実際のところこの工事を発注するときはどのような案件であっても、撤去や分解を伴う工事はこの部類に当てはまるといえます。

詳しくはこちら

実際に依頼する

不動産

実際に解体工事を業者に発注するとなると、まずは現場の状況を業者側と共有することが必要となります。正しい料金で施工をしてもらう為にも、できるだけ解体工事について不明点は問い合わせてはっきりさせておくのが良いでしょう。

詳しくはこちら

建物を壊す

住居

街を歩いていると、あちこちで建設工事がされていますね。何か新しい建物ができるのかなあ、とわくわくしながら横を通り過ぎるのが、ちょっとした楽しみになっています。それと同じくらい、解体工事をしているところにも出くわします。ああ、ここにあった建物を壊してしまうのか、なんだか勿体ないなあ、と惜しむ気持ちで、やっぱり横を通り過ぎます。解体工事の現場では、よく写真を撮影している方を見かけます。過ぎ去りし思い出の記念撮影なのかなあ、という印象を持っていたのですが、実はあれ、解体工事の最中の様子を記録している工事写真だったのですね。最近、ようやく知りました。どうして、解体工事の最中の様子を、工事写真として残しておかなければならないのかと言えば、解体工事を依頼した人に対して、「解体工事はこのように行っていますよ。途中の様子はこんな感じで、こんな風に工事しておりますよ。ですから仕上がりもバッチリです、ご安心ください」と示す意味があるのだそうです。工事写真がないと、依頼者は工事がどのように行われているのか、確認できませんからね。仕上がりを見ることはできても、工事の最中の様子は、まさか工事現場に乗り込んで確認するわけにも行かないので、工事写真でしか知ることができないのです。これって、もし自分が建物を所有していて、解体工事をお願いするとなったときには、是非とも残しておいてもらいたいものですよね。ただの記念撮影、としか思っていなかった工事写真が、実はとても意味のあるものなのだということを知って、ちょっと興味がわきました。なかなか、普通に生活している上では関わることのない解体工事について、情報をまとめてみました。

Copyright© 2016 解体工事をすることで環境をより良くする~建物解体マニュアル~All Rights Reserved.